アンケートを活用する
企画をする場合は、全く前例がない状態で行うのでは無く、常に前にあったことを参考にしながら企画して行くことが多いです。

全員で楽しめるものを

社内イベント・パーティーは、会社に所属する多くの人が参加します。そのため、参加する年齢層がバラバラですしそのバラバラな状態をを取りまとめることに大変さを感じる人もいることでしょう。
社内イベント・パーティーでは、そのすべての年代の人が楽しめるような内容を企画する必要があります。
しかし、企画者によってはその年齢ごとのニーズを把握することが出来ない可能性もありますし、そうなると一部の人だけが楽しみ他の人はあまり楽しむことが出来ないということにもなりえます。
ただ、それではイベント自体が成功したとはいえないでしょう。…

理由

社内イベント・パーティーを企画する場合は、専門業者に依頼をしたほうが効果が高いとお話しました。
これにはいくつか理由があります。一つは、イベント関係を専門的に取り扱う業者であれば、非常に魅力的な内容の企画をしてくれるということです。
多くの案件を扱っていますし、その経験によって独自の目線から面白い企画をしてくれる可能性があります。…

外部に向けた内容

企業は、社内だけで仕事を行うことはありません。利益を挙げるためには、必ず社外に向けたアプローチを起こす必要があるのです。
企業は必ず顧客を抱えています。そして、顧客のニーズに対応する商品やサービスの提供を行うことによって、そこから利益が生まれ会社にとってプラスとなっているのです。
そのため、企業で働くからには常に外との関わりを意識して行動する必要があります。…

ゲームを決める

社内イベント・パーティーを行う際は、まず盛り上がりを重視することが必要です。
多くの人が集まる場合は、イベントの司会進行や出し物の内容によっては大盛り上がりする可能性もあります。そのため、盛り上がる要素をイベント自体にふんだんに盛り込ませる必要があるでしょう。
そうすることによって、楽しい雰囲気が出来上がりますし社内イベント・パーティーに参加した人の満足感も高まります。これによって、充実した内容を作り出すことができるのです。…

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031